banner

資金調達

合同会社の設立と資金調達の方法

資金調達合同会社はかつて存在していた有限会社が法律変更により新設が認められなくなった代わりに、立ち上げが可能になったものです。一人でも設立は可能であり、法人の発想としては家族的経営を行うものです。すなわち、一人での立ち上げや家族のように限られた人数での運営を可能にするもので、逆に言えば構成する人数が多い場合には全く適さない法人になると言うことです。
合同会社では、運営者は原則としてその合同会社の従業員全てになりますので、全会一致でないと重要な事項の決定が出来ません。したがって、人数が多いと何も決定が出来なくなるおそれがあることから、通常は少人数あるいは一人で行動を決定していきます。

合同会社設立では、設立時及び設立直後の資金調達が問題になりがちです。この資金調達の一つの解決方法が助成金や補助金を活用するやり方になります。
元々法人立ち上げ時にこうした助成金や補助金が多いのは、目的として新規開業時の資金繰りが厳しいことを想定してのものですから、その存在さえ知っていれば利用はし易いでしょう。合同会社の立ち上げには相応にコストがかかるものですから、その後の運営にまで影響が出やすいものとなってしまいます。結果、お金がなければ新設が出来ない、しかも個人で借金をしてまで新規設立をしないといけなくなることとなり、そこまで苦労をしてやっていく意味があるのかどうかという話になっていきます。苦労に見合った報酬ではないということで、事業を興す人がいなくなることを少しでも減らすために、補助金や助成金の制度でフォローをしようという側面があることは否定出来ません。

事業スタート時の資金調達を少しでもリスクを減らすために、条件に合致していればフリーで使用できる資金調達の方法として、こうした行政機関からの補助金や助成金が存在します。また、何らかの特殊な事柄に対する助成金や補助金も同様です。
こうしたお金を持って、ベンチャーからやがては日本を代表する企業に成長して欲しいという思いがあるのは否定出来ません。ただ、そこまで踏み込んで事業をやってみようかという人がなかなか現れにくいのも、日本人としての特徴と言えるかも知れませんが、それでもインターネットの普及で情報が瞬時に手に入る時代です。起業のチャンスはあちこちに転がっていると考える人が相応にあると思うのは無理からぬ事です。
政治や行政がビジネス立ち上げに積極的なのも、このインターネットの普及という側面があることは否定出来ない情勢になっています。

Copyright © 2016 合同会社の設立で問題になる資金調達 All rights Reserved.