banner

会社法の改正

会社法の改正に伴う合同会社の設立について

会社法の改正会社と言う存在を規定する法律に会社法と言うものがありますが、近年の改正により新たに合同会社と呼ばれる会社を設立することが出来るようになりました。この合同会社の特徴としては株式会社に比べても設立のために必要な手続きが簡便であり、開設しやすいという特徴があるために個人事業主が法人化を目指す場合等の零細事業に適した会社の形として注目を集めています。この会社法の改正によって合同会社と呼ばれる仕組みが出来上がる以前は有限会社と呼ばれ巣会社の形が存在しており、現在でもその名前を多く残していますが、現在では新しく解説することはできなくなっています。そのため会社を作ろうとする場合に株式会社を選択しないのであれば合同会社を選択するのが一般的な方向性であると言えるでしょう。
合同会社の設立のためには株式会社の設立と非常に似た手続きが必要になります。会社の概要をまとめた定款を作成し、その他の必要書類と合わせて所轄の法務局に設立登記をすれば設立することが出来ます。定款と言うと非常に重たく感じますが、合同会社の場合には会社法に反しない内容でさえあれば基本的にはかなり柔軟に作ることが許されています。そのため株式会社の設立に比べれば難易度が低いと言えるでしょう。株式会社の場合には作り上げた定款に対して公証役場の公証人の認証が必要となりますが、合同会社の場合にはそれもありません。そのため零細事業について法人化したいというニーズを満たすためには十分な仕組みであるということが出来るのです。
しかしながら合同会社にもデメリットが無いわけではありません。一つはその名称の知名度の低さです。有限会社よりもさらに知名度が低いため、企業名を名乗った場合にえることが出来る信用の程度には不安が残るという場合もあるでしょう。そして合同会社の最大の特徴であるのが配当等に関する取り決めです。一般に株式会社では出資額に応じた配当を義務付けられているため株式の所有が重要な要素になりますが、合同会社の場合には出資額に関係なく配当を決めることが出来ます。この様な仕組みは経営者には便利ですがその他の出資者にしてみれば不安が残る透明性の少ない仕組みです。そのため広く投資を募って事業拡大して行くには不便な側面もあるのです。この様な仕組みであるということを理解して会社の設立を行えば、非常に簡便な手続きで法人格を得ることが出来る便利な仕組みとして機能するでしょう。

Copyright © 2017 合同会社の設立で問題になる資金調達 All rights Reserved.