banner

合同会社のデメリット

合同会社に関するデメリットについて

合同会社のデメリット合同会社というのは新しい会社法によって新規での設立が可能になった新しい種類の会社の形です。現在では株式会社と合同会社が一般的な事業を行う場合の会社形態の選択肢であると言えますのでかなり一般的な選択肢となってきています。それにもかかわらず、合同会社と言う名称を聞いたことが無いという人は少なくありません。実際に周りを見渡してみてもこの法人格を名乗っている企業を探すのは簡単ではありません。実はこの様な状況こそ合同会社の弱点であり大きなデメリットであると考えられています。要するに知名度の低い会社の形であるため、株式会社の様な会社であるという安心感を与えるには至っていない場合があるのです。
しかしこのような合同会社のデメリットを考えてみても合同会社を設立するメリットと言うものは揺るぎません。元々この種類の会社を設立することを想定しているのは零細事業であると言われており、個人事業主など個人事業を行っている不安定な事業者をより簡便に法人化させるための手段としても期待されてきました。個人事業主と言う立場から法人化するということはそれ自体に非常に大きな価値がありますのでそもそもデメリットを意識する必要は少ないのかもしれません。多少知名度が低かったとしても個人事業主としての位置づけよりは良いイメージとなるのが一般的です。そのため現実的に合同会社を新規で設立することによりイメージが悪くなるわけではありません。あるとすれば株式会社を設立する場合に比較してということになるでしょう。
株式会社は株式という単位で出資を募る仕組みになっており、出資額は保有する株式によって決まります。そして保有している株式に応じて配当を出さなければなりません。この様な仕組みは将来的に株式市場に上場するために必要な仕組みであるため、株式会社を設立した場合にはその仕組みに従わなければなりません。しかし合同会社の場合にはその様な煩雑な手続きからは離れることが出来るでしょう。広く投資を受けて会社を大きくして行きたいと言う方向性の希望があるのであれば合同会社の仕組みはいずれ足かせとなってしまうでしょう。しかしあくまでも個人事業の範囲で事業を行っていきたいと考えているのであれば大きな出資を募る必要性があるケースばかりではありません。そのため合同会社のメリットを最大限に生かすこともできると言えるでしょう。そのためデメリットとなるかどうかは会社の方向性によって決まるものであると言えます。

Copyright © 2017 合同会社の設立で問題になる資金調達 All rights Reserved.