banner

個人事業主で設立

個人事業主でもできる合同会社の設立について

個人事業主で設立仕事の仕方には色々なものがあります。サラリーマンとして雇用されて働くことを選ぶ人もいれば、フリーランスとして自分の自由に働きたいと言う人もいます。何らかの技術を持っており、自力で生計を立てることの出来る技術を持っているのであれば個人事業主としてビジネスを行うという道も選択肢となるのが一般的です。最近では技術系の職業においてこの様な働き方をすることが出来る人が増えてきています。この様な働き方の場合、従来は個人事業主として働くのが一般的な選択肢でしたが、近年行われた会社法の改正に伴い、会社を作ることで様々なメリットを得ることが出来るようになりました。いわゆる株式会社を作ることも不可能ではありませんが、この場合にはその様な仕組みは不要である場合が少なくありません。その様なケースにおいては合同会社の設立と言う選択肢が活用されるようになってきています。
合同会社は株式会社と同じく一般的な事業目的を持つ営利企業のための法人格であると理解して間違いはありません。個人事業主でも設立の手続きを行うことが出来ますし、設立のための費用も比較的安く済むという特徴があります。何よりも合同会社は株式会社の様な面倒な仕組みが無いため、かなり柔軟に手続きを行うことが出来るのです。手続き全般は行政書士等の専門家に委託することも出来ますのでわずかな投資で大きな成果を上げることが出来るようになってきていると言えるでしょう。この合同会社は個人事業主向けに設計されている法人であるというわけではありませんが、定款の簡略化や様々な仕組みの自由化、配当の自由化等は個人事業主向けのない様であると言えるでしょう。専門家のサポートを受けて合同会社の設立の準備を行えば、会社設立によるメリットだけを享受することも不可能ではありません。
合同会社の設立の手続きそのものは株式会社の設立に向けて行う準備と非常に似ています。行政書士等の専門家に準備業務を委託するのであれば考えなければならないのは会社名や会社の印鑑のデザイン、そして資本金の額の設定と準備等です。この辺りについても専門家の意見を聞きつつ効果的な設定が出来るように努めるのが賢い方法であると言えるでしょう。法人化することで税制上のメリットも大きく発生することになりますし、事業上の責任も自分自身への無限責任から法人への有限責任に変わる仕組みがあります。基本的にはメリットばかりの結果になるのが一般的です。

Copyright © 2017 合同会社の設立で問題になる資金調達 All rights Reserved.